Uターン、Iターン就職・転職

Uターン、Iターン就職・転職

やはり若いうちは、都会生活に憧れるもの。
都会にある大学へ進学する人も多いですし、地元の大学に進学して就職は都会でという方も多いことでしょう。

 

しかし最近では、UターンやIターンといって、就職や転職をするさいに、UターンやIターンする人も増えつつあるようです。背景には、地方の過疎化もあるようですね。

 

Uターンとは、自分の出身地に戻るケースを指します。就職の場合は、都会での大学生活を終え、親元に戻って就職をするというものです。転職も同じ。大学を卒業して都会にある企業に就職したものの、諸事情により親元に戻り、そこから通える企業に転職をするというものです。

 

Uターンする理由の多くが、親の希望によるもの。あるいは、中高年になってUターンを希望する人は、親が高齢になってしまい、親の面倒を見なければならない、あるいは、人によってはお墓を守る必要があるといった理由もあるでしょう。

 

Uターンする方法は、最近では色々な方法がありますが、ネットを利用して検索し、場合によっては転職サイトに登録をして仕事を探します。
あるいは、都会にある企業に就職・転職をして、配属先として地方の支店・支社などを希望するという方法もあるでしょう。

 

 

 

一方Iターンとは、縁戚関係などのない、まったく見知らぬ土地で就職もしくは転職をすること。
地方の過疎化にともない、過疎地の自治体では率先してIターン希望者を募っていますね。就職や転職先なども公務員や第3セクターなどを用意し、このようなIターンを希望する人にできる限りの便宜を図ろうとしています。

 

このIターンを希望する人の理由としては、子供の病気で、少しでも空気のいいところに住まわせたいといった人や、定年退職して田舎でのんびり暮らしたいといった人が、Iターン希望者には多いようです。

 

Iターン希望者を積極的に募集している過疎地の自治体、そしてIターンを希望する人、お互いの希望がマッチすれば、このIターンが実現するわけですが、Iターン希望者に不安がないわけではありません。
全く見知らぬ土地に行きますし、親戚等も全くいない人も結構多いわけですから、不安はつきものです。自治体では、そこも積極的にカバーしているようです。