看護師の就職・転職

看護師の就職・転職

今、医療分野で問題となっているのが、看護師不足。

 

看護師というと、勤務形態が不規則、仕事がきつい、上司や同僚・後輩・ドクターとの人間関係、休みが取りずらい、仕事がハードであるのに対して給料が安いといった理由で、病院を辞める看護師が多いということがありますが、他にも高齢化社会を迎え慢性的に看護師が不足しているということも挙げられるのではないでしょうか。

 

また、看護師として働いて結婚・出産・育児を控え、一旦求職するものの、そのまま復職しないケースもあるようですね。

 

とはいっても、他の業種に比べて就職もやりやすいですし、転職・復職しやすいのも事実。ただ、看護師という資格をもっていることが必須ですが。

 

看護師の就職先は、病院が中心となりますが、それだけではありません。
しかし、看護学校等を卒業して就職する場合や、まだ、20代の若いうちは病院に就職される場合が多いですね。

 

最近では、知人や友人の紹介、ハローワークで転職先を探すという方法だけでなく、求人サイトに登録して、専任のコンサルタントにご自身の転職活動を支援してもらう(無料です)という方法もありますので、利用されると良いでしょう。

 

特に20代の若い人にとって、転職が初めてという方は、転職のやり方、履歴書の書き方、面接の対応方法、給料や勤務条件等の交渉に不慣れな方が多いでしょう。そのよう時、上記の専任コンサルタントに相談すると、力強い味方になってくれます。

 

一方、結婚・出産・育児等で病院という現場を数年離れ、でも復職したいという方も多いです。
でも問題は、この数年間看護師という職を離れていたことによって、発達し続ける医療器具についていけないという方もいるようです。そのために、復職あるいは再就職先として、介護施設やヘルパーなどを選ぶひとも少なくないようですね。

 

いずれにしても、看護師という職種に限っていえば、就職できない、転職が難しいということはないようです。