福祉関連施設への就職・転職

福祉関連施設への就職・転職

もはや日本は高齢化社会。
医療技術の発達等により、男性・女性の平均年齢は高くなって来ています。

 

もうひとつ気になるのが、一人で生活される高齢者が増えてきていること。
特に地方に行くと、子どもが都会で働いているために夫婦二人で地方で生活し、どちらかが先に逝ってしまって一人暮らしを余儀なくされ、年齢を重ねるごとに日常生活に支障が出て、介護を必要とされる方が増えてきています。

 

このように高齢化社会が進むにつれて、介護施設や老人ホーム、あるいは訪問介護といった福祉関係の仕事が増えてきており、そこで働くヘルパーのかたや介護士の方を募集するケースも増えてきています。

 

ヘルパーや介護士の資格は必ず必要というものではなく、就職してから所得してもいいものです。
しかし福祉関連の資格の中には、実務年数が必要なものもありますので、専門書等で詳細を調べて資格を取られるといいと思います。

 

就職先によっては、資格所得の学費などを全面的に支援してくれるところもあるようですね。
確かに働きながら、このような資格を取得するというのは、大変かもしれません。
働きながら、ヘルパー、介護し、介護福祉士、ケアマネージャというように、キャリアップしていけば、のちのち転職や再就職の際には大変有利になりますので、可能な限り資格を所得されておくことをおすすめします。

 

特にケアマネージャは自治体にも就職できる資格ですので、頑張りたいところです。

 

冒頭で述べたように、日本は益々高齢化社会へ向かっています。
私の自宅の近所にも、福祉施設が増えてきています。
このような福祉施設の就職は、先細りすることは考えにくい職種です。

 

確かに、看護師と同様に「3K」と言われる仕事ではありますが、今後益々重要になる職業といえるでしょう。