転職について考える

30代の転職

最近、若い人でも転職をされる方が増えてきています。
先日の新聞の記事を見ても、新入社員で就職しても3年後には約1/3近くが転職するという内容のものが掲載されていたように思います。

 

日本は終身雇用制を基本としているので、一昔前までは一度就職したら同じ会社でずっと働き続けるというのが基本だったのですが、最近では上記のように転職するのが当たり前みたいな風潮になってきています。

 

私個人、転職するのは悪いことではないと思っていますが、流石に何回も転職するのは考えもの。
新入社員で就職した時というのは、社会の情勢を全て知り尽くして就職するというのはほとんど無理に近いですから、数年その会社で経験を積んで世の中の情勢やその会社が属するマーケットの動向、同業他社の情勢等に関する知識などを身に付け、その上で自分なりに判断をして転職すべきでしょう。

 

でも年を取っての転職は、スカウトされるのなら別ですが、出来るだけ若いうちに転職するのが良いでしょうね。少なくとも30代までには転職をしたいものです。30代にもなると、中堅です。社会もわかってきていますし自分の会社自体も見えてきています。新人の育成にも担当する非常に需要な年代。
今まで培ってきた技術や実力、経験、知識を生かさないわけにはいきません。
そういった意味でも、転職するなら30代。

 

しかし、転職するにあたっては、目的を明確にする必要があります。
今の会社が嫌だからといった理由で転職すると、のちのち後悔するでしょう。

 

何のための転職なのか、転職することによって自分は何を目指しているのか、自分は何をやりたいのか、転職することによってその目標や希望が叶えられるのか等を十分に検討することが大切です。

 

上にも書きましたが、転職するなら30代。
家族を持っている人にとっても、家族が小さいうちのほうが家計からもても楽であることは間違いないでしょう。

 

家族の反対に合うかもしれませんが、じっくり話し合いを行って転職について話し合ってみましょう。
目的や希望、自分のやりたいことがが明確であれば、最終的には賛成してくれるでしょう。

 

転職するなら、そういった意味でも30代は適している年代です。

看護師の転職事情は?

看護師という職業も、実は転職の多い職業です。

 

その理由は、改めて語る必要はないと思いますが、日勤、夜勤といった不規則な勤務形態に加え、先輩・同僚・後輩・ドクターとの人間関係、y¥休みが取りずらい、仕事がハードな割には給料が安いなどの理由が大半を占めています。

 

実際にナースの悩み事をこちらにまとめていますので、ご興味のある方はご覧下さい。